読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日まで好きでいて良かった

アイドルを応援するのって、楽しい

推しのどこが好き?

せっかくなので推しちゃんについても色々書き留めていこうと思う。

 

好きになったキッカケは確かテレビだった。現場ですらないとかめっちゃミーハー。

推しちゃんが誰なのか事情があって隠したいので詳細は省くが、あるバラエティ番組にグループの何人かが出演していて、そこで彼女は爪痕を残した。その時に「何となくこの子好きだな」と思った。

 

それまで私は特別アイドルが好きだった訳ではなかった。高校生の頃は周りに流されてジャニーズを好きになったこともあったけど、コンサートに行ったことはなく茶の間にすらなってないレベルだった。

子供の頃から漫画とかゲームが好きだったし、一般的なヲタクとしてどちらかというと2次元の方が好きだったと思う。

 

そんな私が彼女を好きになって、そして「彼女は生きてるだけでいいんだ」という思想を持つまで色々なことがあった。それについてはまたいつか書くとして、ドルヲタをやっていると聞かれることの高い質問として「どこが好きなの?」がある。

違う現場でドルヲタをやってる知り合いが「それ聞くなら小一時間くれよって思う」と言っていてすごく納得した。つまり一言では言い表せられないのだ。

 

全部が好き、とも思う。でも何をもってして全部なのか?

私が知っているのはアイドルの彼女であって、推しちゃんという人間を形成しているほんの一部分でしかないのだ。

でも、だからこそ、アイドルとしてファンの前に立っている間、『アイドル』を演じてくれていればそれで構わない。彼女が実はものすごいビッチで「ヲタクきもい」と裏で言っていたとしても、それをファンにバレなければ良いのだ。

 

知らなければそれは無かったことと一緒である。それはある意味で優しい嘘だと思う。

アイドルを目指す子は多かれ少なかれ自分を特別だと思っているし、それなりにちやほやされたいと思っている。それは当然だしそうあるべきだと思う。

でもそれを全面に出されると「なんだかな~」と思ってしまう微妙なヲタク心理。ああめんどくさい!

 

アイドルの恋愛についても同じだと思う。バレなければ彼氏がいたって良い。これについてはまた別記事を書くとして、バレない嘘はヲタクにとって真実と一緒なのだ。

全然文章がまとまってないけど、だからこそ、ファンの前で全力でアイドルをやっている彼女が推せるし、アイドルとしての彼女がどこまでいけるのか見届けたいと思う。

 

何か誰か無駄に隠してるから本質的なことが全然伝わってない気がする。いつかちゃんと全部バラしたら書き直すかもしれない。